断熱材の入れかで違いがでてくる

健康の話が新聞紙上で断熱の話や換気の話と一緒に語らえて
いるのはいつも同じだが、断熱の入れかた大丈夫ですかとう
話がでてきている。

最近は断熱は政府の政策誘導で
どんどん補助金と一緒にあがるようになっているが

なかなか、断熱の善し悪しはこれがいい!っていえるものが
少ない

というと・・

グラスウールは安いし入れやすい・・量販品で施工もしっかり・・
いやいやプラスチックの外張り断熱こそ完璧なもので・・
いやいや現場発泡のウレタンこそが・・新聞紙再生のセルロースファイバーがとか・・
話は営業ベースの話になるが

基本的には袋のグラスウールは上部・下部が入れにくいし
性能を上げるには工夫がないと入らない・袋とじをやめて米国みたいにすればいいのだが
大工がそのあとのビニール施工になれていない

ウレタン関係は現場でも外張りでも当初はいいのだが
やせてくる・・セルロースファイバーも実は10年経つと繊維がやせてきて
上部がおちてくるとか・・断熱材の宿命かもしれない

最近はウッドファイバーという繊維を集めてものがでてきて
重いものほど、外部の熱に対して有利ということで紹介されている
大工施工なので、私の現場でもやっている
多少の慣れが必要だが、大工職ができるので、工期をつめて施工できる有利さがある。

すべての材で調湿をうたうものがあるが、これは断熱材は湿気てはいけないので
NGワード(講習の先生達の回答は同じ)

何がいいという材料の話がこんがらがるので

表現を暖房をしないで冬に室内が10度以下にならない程度のHEAT20グレード1
か室内が15度以下にならない程度のHEAT20グレード2

この程度の話で薦めないと分からないよね・・ちなみに室温は下げた方が
生活している結露がカビを呼んでカビを吸い込むことにならない

灯油ファンで暖房すると1リットルの灯油を暖房すると1リットルの湯気がでて
それが寒いタンスの裏で水になって結露をするので、なるべく灯油ファンは使わない

シニアだと20キロの灯油を買うのは負担だから

エアコンがいいかもしれない
新築ならエアコンをユカ下に吹き込んで床暖房する床下エアコンもお勧めです。
別にお金がかからないからね・・

ホームページはこちら

√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2016-10-18 11:09 | 分離発注工事
<< 外部の木材 ウッドファイバー断熱材を壁にいれる >>