収納上手は棚の奥行は深すぎない

収納の場所を多くしても、棚が深すぎると
収納する物は2列になり、探す時には見逃して
収納場所は多いのだが、使いずらい事になる。

押し入れもその一つで
押し入れは布団の収納の為に80センチ程度の奥行きになっている
ここに2列に入れると、後の列のものは忘れがちになる

扉を開いたら全部が見渡せ、2列にならない。
また目の位置に近いところに仕舞のが原則

床下収納や押し入れの天袋の部分は
目の位置から内部が確認できずに
引っ越しに入れたら最後・・でてこない物が多いのでは・・

浅い棚 10センチ程度は意外と便利

薬の収納・化粧品の収納と数が多く すべてを見渡せるもの
在庫管理などが簡単にできるので、この辺の収納の場所を
洗面あたりの鏡の裏に浅い棚をたくさん作っておくと
収納上手、探し上手の収納となる。

e0102752_9292419.jpg















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

T設計室一級建築士事務所では家づくりを真剣に考えている方を応援してます。

毎月顔の見えるセミナー 『住宅相談会セミナー』2月17日
グランシップ905会議室 1時会場 1時半より3時くらいå
相談の方事前にご連絡ください。直接電話090−6571−8192
T設計室一級建築士事務所電話 054−354−0182

まず問い合わせてみるその勇気.......メイル問い合わせ

T設計室一級建築士事務所へのホームページ
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2008-02-06 09:36
<< デジタルの受信の犯人はアンテナ... 二階の本棚は梁の交差部分がつぶ... >>