住宅の省エネ診断『住まいる匠』ワークショップ参加

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

静岡県地球温暖化防止活動センターの省エネ住宅の省エネセミナー参加しました。
地球温暖化にともない、CO2削減の為に省エネ診断が出来る『住まいる匠』のセミナーです。
『住まいる匠』とは

住まいでお困り事
「結露が出るので相談したい」

「カビ臭い・カビが生えるで見てもらいたい」

「冬には隙間風など寒いので相談したい」

「部屋が暗い・通風がない、どうにかならないか」

「暖房・冷房費用がかかる、通常と比べてみたい」

それらをご相談の依頼をされますと
最寄の省エネの講習を受けて認定された
「住まいの匠」が相談に伺います。

ご相談の窓口は
静岡県地球温暖化防止活動推進センターになります。

静岡県地球温暖化防止活動推進センター
「住まいの匠」の専用HPなどは12月下旬の予定
ですので、現在のご相談窓口は
お電話054-271-8806
ファクス054-254-7052

e0102752_1101058.jpg

ハウスメーカーのモデルルームを借りて、省エネの診断のワークショップを行いました。
CO2対策では冷房は2%程度ですが煖房は16%と高い比率で
対策が必要な事がわかります。

e0102752_1102943.jpg


診断のプログラムや湿度計や遠赤外線温度計の使い方の練習では
(当日は静岡は晴天で外気温22度あり静岡の暖かい日でした。)
内部は1階の床で21度3階の天井で26度ありました。
吹き抜けが5度程度の温度差は良好です。これが外気温10度を下がる時に
はかって室内が20度位があると良いとされています。
e0102752_1104395.jpg


この遠赤外線温度計は耳にあてて体温を測る温度計と原理は一緒です。
離れた場所から天井・床・壁・サッシなど表面温度を測るのは重要です。
最近の調査では、体感温度は室内の温度+壁・天井などの表面温度の
平均で現すと近いことが分かりました。

煖房でいくら室内の温度を上げても、顔だけほてって何か寒い部屋は
この方法で調べる事をお勧めします。この遠赤外線温度計は個人的に
購入してあちこち計ってみます。また新築・改築・改装
省エネの相談が有る方はぜひお声をかけてください。
アドバイスをします。






清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-29 12:15

イヤサカに地鎮祭

先週には浜松で地鎮祭でした。
分離発註方式での建設で多少遠方ですが、道路の整備がよく、建て主のご縁で
工事が始まりました。
e0102752_16504723.jpg

地鎮祭もいろいろなやり方があります。
山で修行された方の場合には、ホラ貝を吹きます。
ブオーという音で回りの人に知らせをしたのだと思います。
その意味で
『ホラを吹く』とは広報の意味で使われたようですが
その広報の部分でなく、今では別な意味に変わってますが・・
お寺の住職にお願いする場合、お念仏を皆で唱和したりします。
神社ももちろんあります。今回も地元の神社でした。
e0102752_1651175.jpg

神社の地鎮祭は基本的に神さまへの報告です。
竹と縄で作った。2mほどの広さの中に
山のもの、海のもので祭壇をつくり、神さまが降りてきて、神主の報告を
聞いてくれます。砂で山を造り、竹などをさして
カマでその竹を取る真似をして、クワでその砂山を平地にして
開墾して平地を造り、家を建てるデモンストレーションをします。
そして、参加者一人一人がタマムシを上げ神様にご挨拶をして
神様はまた天に上がっていきます。
e0102752_16511291.jpg

最後に参加者皆で、本日の祝いに杯を交わして完了です。
『乾杯カンパイ』などよく聞かれますが、これは中国から来た外来語で
神社などでは『イヤサカ』と唱和して杯を交わします。
よく聞いていると、分かりますので、ご自身の地鎮祭の時には耳を傾けてください。





ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)






清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-27 14:12

メンテナンスと定期的な点検

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

メンテナンスを完成3ヶ月後 完成1年後 完成2年後と伺っている。
不備が有る場合、2年以内に起こると言われている。
もちろん計画の前と完成後では、こうしたい、あーしたいと
色々な枝葉がつくこともある。その為にメンテナンスを行っている。
e0102752_6584433.jpg

このお宅は2年目の点検。
すっかりと、落ち着いて暮らしていて安心する。
4畳半ぐらいのスノコも心配されたが、子供達のお気に入りとなり
一安心。またご主人がメンテナンスをされているスノコもいい感じになっている。
e0102752_6585733.jpg

木造に限らないが、
フリーメンテナンスを唱う商品の実際は、それほど長くない。またパーツの提供
が10年であるが為に、10年補償と勘違いされている場合も多い。
家を立てば、35年近くの返済もあり手を掛けることを好きになってもらうと
家につやがでて、愛着がでる。
愛着とは
壊れるとき、修理が簡単にできること
磨けることが条件だそうだ。
木の家はこの100%あっている。









清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-24 07:09

浜松も走る・走る

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

浜松の設計が進み、浜松市内も最近は走る・走る
東名で1時間程度
インターから152号線にて
市役所の近くの静岡県建築住宅まちづくりセンターにて
確認申請
e0102752_20241886.jpg


確認申請は現在民間にて、可能になり
依然は1週間から10日ぐらいかかったのだが、現在は当日に決済が可能になった。
各ブースに専門の担当官がいて、マンツーマンで
ここは、どうなっているの・・フムフム・・・ここはこう直してねと
家庭教師のように、会話が進み数時間で確認が完了する。
e0102752_2024454.jpg

行政改革は、いいこともあるのだ。
帰り際には、
市役所では、なぜか聞けない一言だが、
『ありがとうございました。』という声も聞ける。






清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-22 20:25

天竜伐採見学会11月18日T設計室主催にて行いました

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)


木材の切り旬は10月から3月まで、T設計室では
木材に興味にあるかたに伐採見学会を行っています。
今年で6年目、山の方にはずいぶんお世話になってます。
e0102752_11202517.jpg

今年は、車ですぐ山の際まで入れて、小さい子供でも簡単に見れる場所
での伐採・・山登りは近くに見えていても中々大変・・ホントに楽でした。
e0102752_1164121.jpg

日本の中でも樹齢が古い木がある場所は限られています。
天竜は日本でも名高い、いい山が多く今回の場所
春野町の山も、樹齢80年から100年の杉を伐採しました。
e0102752_112111.jpg

樹齢とは木の切り口の真ん中にある大きな丸が10年あと細い年輪の部分が
秋から冬の部分そして大きな年輪が春から夏の年輪の部分、これを数えて
その樹木の年齢がわかります。
e0102752_1165377.jpg

昼食は山の空気がおいしく、何を食べてもご馳走なのですが
恒例のサンマと猪しし鍋を山の方がご馳走してくれました。
e0102752_117770.jpg

木こりの即席な椅子も好評で、1つしかないので、早い物勝ち!
お持ち帰りのラッキーな子は、4才お嬢ちゃんでした。
e0102752_1173129.jpg

当日は、滋賀県から友人の設計者グループの参加があり、和気藹々と
話も弾みます。
e0102752_1175582.jpg
e0102752_1181310.jpg

帰りに近くの山の頂上にて、1000年を超える杉を見ました。
・・・屋久島にも大きな杉があるのですが、
ウオーキングツアーで一日のツアー・・・
こちあの方が楽で良いよとは屋久島ツアー経験者
e0102752_11462886.jpg

車で頂上まで行き、5分程度下ると、、太い樹木には
神が宿るような気の力を感じます。
e0102752_1183048.jpg












清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-20 11:47

遊びの空間 『武家屋敷跡』庭と屋敷の贅の極み

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

金沢での建築探訪です
 『武家屋敷跡』はバスで循環する場合最後の方ですが、お庭がすばらしく、
茶室ではお茶もいただけるので、お勧めです。

クラッシクのバスに揺られ(これは一方方向で市中45分どこで降りても
200円回数券は500円だから3回のれば割安か)香林坊で降りる。
この辺になると同じ旅行者だから所が一緒なので
黙ってついていけば分かると鷹をくくって降りるが、
東急ホテルの横の坂をおりて公園から多少迷う。
さすがにそこには看板があり道なりに1キロぐらい進むと路地沿いに
武家屋敷跡の門に出会う。
e0102752_9553130.jpg


ここは前田藩が部下の野村伝兵衛信貞家が屋敷を築き曲水の庭園の一部を
残して代々人が代わり『北前船』で財をなした商人、久保彦兵衛が豪邸の
一部を移設して現在にいたっている。
e0102752_955193.jpg


その縁側に立つと池の中に浮いており、小さいな庭だが1m程度か滝がある
周りを石の橋が細やかに散策できるようになっている。
e0102752_9562871.jpg

e0102752_9572432.jpg


圧巻は奥に二階に上がれる、そこには六畳二間の茶室があり、苔むす
蹲い(つくばい)から席入りなど、座敷を寄りつきに見立てた茶席が
簡単に思い浮かぶ、庭と屋敷が一体化となる大人の遊びの空間がそこにある。
e0102752_9575062.jpg

e0102752_958175.jpg












清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-12 09:59

地面の上に建物を描いてみる 縄張り

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

図面の建物の四隅を地面の上に書いてみて確かめてみることを縄張りという。
鉛筆では地面の上では描けないので
30センチ程度の鉄筋を柱の四隅に仮に打ち付け
ビニールテープを巻いてみる。隣の境の距離と軒の出などを
確認する。基礎工事の上田さんと一緒に本日は縄張りする。
e0102752_15104480.jpg

今回は敷地が不定形(四角でないので)、建物が建つ所でない部分も
色々な計画がある。
どう使うのか綿密に計画がされているので、確かめが必要なのである。
鉄筋は串刺しにしておく場合もあるが、近所の子供などがけがをするので
今回は抜いておく。
e0102752_1511182.jpg













清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-10 14:49

窓の形もさまざま 武家造り

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

出張金沢で見た木造建築の第二回目です。
コバルトブルーが鮮やかで有名な成巽閣(せいそんかく)も見てきました。
成巽閣は江戸末期前田家13代齋泰の母にあたる12代の奥方の為に造った御殿である。金沢公園の坂になる頂上付近にある(城は高いところにあるので当たり前だが、下のバス停から歩くと急な坂なので大〜変。観光のバスは一方向にしか循環していないので、見る方は計画的に最寄りのバス停を使うと当たり前ですがうんと(随分の清水弁)楽〜です。)
e0102752_60194.jpg

『数寄(←ここ)屋(すきや)』は『数奇 (←ここ)屋』とも当て字で呼ばれるだけあって、たくさんの珍しいもので造りました。青天井はラピスラズリ(スタジオジブリのアニメ『天空の城ラピュタ』でもでてきました。貴重な石です。)壁の赤はベンガラです当時はインドからの取り寄せか。また色々な顔料をまぜて色を作ってます。現代では顔料は簡単に手が入ったのですが、当時は大変でしたし、高価だったのですね。
e0102752_611293.jpg

障子の硝子はこれも雪見障子など現代の家でもあるものですが
硝子を『ビードロ』と呼んだ当時、障子を閉じたままで、景色が見えると随分話題に上がったそうです。
窓の形も色々ですね、お寺の釣り鐘の形を真似た『火燈窓(かとうまど)』
e0102752_174139.jpg

こちら窓はお月さんでしょうか、桟にまわる藤のつるは叢雲(むらくも)かもしれません。
e0102752_1743192.jpg

縁側は絶景です。真ん中に柱をなくすために、大きな梁が天井を上に
あるそうですが、ずいぶんすっきりしています。よく見ると天井の桟は波を
うつようになってますが。(写真ですと分からないですね。)
e0102752_612961.jpg

日本の部屋は庭に向けて開け放つように造られているので、縁側に座りこんで
庭を眺めると、しばし時間を忘れます。お饅頭とお茶が欲しいとこですが
ここでは、お茶などは飲めないとの事でした、残念!











清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-02 17:17

『おてんとうさま』がいっぱい入った無農薬の100%ジュース

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

『おてんとうさま』という名前の100%オレンジジュースがある。
自然食を売るお店『自然食』(じねんじきと呼ぶ)では商品の名前の前に
だれだれの商品と作り手の名前で呼ばれる。
この 『おてんとうさま』の100%オレンジジュースは『仁さんのジュースである。』
無農薬にこだわる店主『アキラさん』は海外での遊学のあと日本での
生活を始めるが、調子がわるく友人の薦めで、断食道場にて体調を回復
以来、商売は買う方が喜んでもらえる。無農薬こだわる。
e0102752_845242.jpg

しかしこれは、市場で手には入らない。無農薬は口では簡単なようだが
作り手の哲学がないと収穫ができない。
市場は安定した量を販売の視点としている為、こだわりのある商品は
市場の流通にのって消費者のもとへいけない事情がある。
e0102752_8451649.jpg

ワインではボジョレーヌーボーなど日本でもこれから
シーズンであるが。ワインは『テロアール』と呼ばれる造られる
土壌・作り方・そして作り手を評価する言葉をもっているが
日本ではいまだ。この言葉で食物を評言することが少ない。
e0102752_8453315.jpg

店主『アキラさん』がこれはという『ぴかぴかの食材』は
『仁さんの100%無農薬レモン』
『仁さんの100%無農薬オレンジジュース』
『ヤマケンさんのしいたけ』
『ヤマケンさんのお茶』
『長野三水川のりんご』
まだまだきりがないが、これらに会えるとは、その季節にこのお店にいくしかない。
お店も店主『アキラさん』とその仲間のセルフビルドだ。
便所は、浄化槽こそ断念したが、すべてこだわり
便器も焼き物を探してきた。
e0102752_8454933.jpg

桜が丘の公園には毎週店主『アキラさん』主催の朝市が清水の恒例だ。
8時半を過ぎると店を閉めるものでるという朝市。
『朝起きは三文(さんもんI)の得』あなたはピカピカの食材に会えるかな!












清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-02 16:55

金沢探訪 ひがし茶屋

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)

e0102752_7115496.jpge0102752_7121384.jpge0102752_7122784.jpg















金沢駅・鼓門の横にはバスのローターリーがあり、観光には市内循環が便利である。観光名所を巡回するバスを一番乗り場でまち、かずえまち(主計町と書く)へ向かう、市中には大きく三カ所・主計町(浅野川たもと)ひがし茶屋(主計町から浅野川を渡ったところ・・すごく近く)にし茶屋に昔の名残を残した町並みがある。ひがし茶屋は1820年前田利家が出席地の尾張から招いた商人達が店を構えたところだ。その後一時廃止とない再び1867年に再び茶屋街となった。空襲のなかった金沢は今でも昔の路地が残っている。出向いたのが朝早く日中の喧噪は感じられなかったが散歩の方がときおりすれ違うだけで、時間がもどったような体験だった。硝子などが入り中にいても明るいだろうと思われる雨戸、15センチ程度の格子を台形にして中からは透かせるが、外からは見えない連子格子(縦だけのはレンジと呼ぶ)住まう工夫という歴史のフィルターが、いくつも見える町並みである。町並み、屋根並み、塀並み(造語ですが)それで囲われている通りがいい。西洋の広場は角がある公共空間。日本の道は一方方向の角のない公共空間。その形が見える。朝の掃除の為に玄関先の木箱がゴミ入れか空いていた。路地の裏に回れば、味噌コウジ屋の中で頭にまいた手ぬぐいと脚絆をしてめている若い人が見える。若い職人が育っている。世代交代がうまくいっている現代の町屋がここにある。











清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
# by sizuoka_kinoie | 2006-11-01 07:15