ホテルのインテリアは基本なのだが、日常にそれがないのかもしれない

リゾートマンションに行くことも少ないが
どうしても軽井沢の宿が見付からず
たまには・・いいかと
友人がエクシブの会員なのを思いだし、予約
友人のエクシブランクが高いのか、二部屋仕様の4つのベットがある部屋へ
嫁と泊まることになる

エクシブは2つや3つの家族でも泊まれる部屋もあることは知っていたが

いつもビジネスの安ホテルとは比較にならないほどスイートルームは広い

ホテル計測魔としては、ビジネスなど普通は10坪なのに対して
この部屋はパーラーと2つのベットだけで20坪さらにもう一部屋と水周りが
あるのだからビジネス二部屋分の広さがあることになる。
(パーラーとは住宅で呼ぶリビングのこと)

部屋のアイダにグリルの窓があり
開けていると、広く感じて閉めてもパーラーとのアイダにある
境が両側がガラス、真ん中が鏡になっていて、上手にパーラにいて
両側のガラスからは照明などが繋がって部屋の広がりがあるが
真ん中は鏡になっていて、ソファなどを移すので、ベット部分が
乱れていても気にしない。
ベットからは化粧台が広くあり、ご婦人が化粧ができる広い空間は
寝室にはこんな場所があると、夜化粧が進んでしまうかもしれない
パックで白土人かもしれないが・・・

フロも館内に大きなスパがあるのだが、部屋にも浴室とシャワーがあり
裸で浴室と寝室をいったりきたり、これもホテルだからこそのゴージャス
だと実感する。
ただ、朝でかけて、帰宅するとメイドが掃除してくるガラスのシャワールームは
いいが、自分で使ったあと掃除をしても水模様がついて気になるひとには
どうなんだろうなあ~の余計なお世話!

広い部屋に寝ると、静岡と10度違う気候もあるが
館内は暖かいさらに、寝室に流れる風が、きもちいい
ビジネスホテルのようにノンスモーキングルームと指定を忘れたが
タバコの皿はおいてあるが、臭いはない

どうも、給気は暖房と部屋ごとにあり、入口の廊下の天井から排気している
換気システムが、気持ちよく新鮮な空気を寝室に届けてくれる
また臭いもないようだ。その為にドアはすべてガラリ仕様

スイートの部屋と別室の窓もガラリ窓の仕様がこの空気循環のためだとつなずける

早く寝て嫁がすべてのライトを消してしまったので、真っ暗で、シーンという部屋に
トイレが大変だったが、ただ単にフットライトを付け忘れていただけだが
周囲の静けさとしっかりとした暗幕のカーテンのおかげで朝まで熟睡ができる
基本的な部分がしっかりしているのが、ゴージャスなリゾートのホテルなのだろう

e0102752_15503676.jpg

e0102752_1551369.jpg

もっと間取りの工夫見てみませんか?こちらから

[PR]
by sizuoka_kinoie | 2016-10-27 15:51 | ホテルのインテリア
<< 家づくり 何をどう選ぶか、住み... 外部の木材 >>