デザインのお嫁入り

ブログランキングに参加しました→クリックしてください。(御協力感謝します)


今年も色々なところに行ったが、裏日本に後半に訪れることがあり
金沢での写真を見ていると、短い訪問であったが又訪れてみたい
町の一つである。

e0102752_20161830.jpg


緋色(黄色)のタイルが迎えてくれる。大樋美術館がそれである。
裏千家の始祖
四世仙叟宗室居士(利休さんの子孫)と一緒に金沢にき長左右衛門(利休さんと
茶碗を作った職人さんの子孫)が一緒に同伴して金沢に根を下ろしたのだ。
e0102752_20163857.jpg

京都の利休さんは 『楽茶碗』と呼ばれる、茶碗をたくさん作る
それだけでなく、お茶に必要な職人の匠を十職と呼び、十種類選び
利休さんは茶の普及だけでなく、職人に物を作らせるデザイナーとしても
活躍する。
利休の末栄は、徳川が地方に主要な親戚の大名を派遣する際に
それら、茶の師匠それにともなう、職人の一団も地方に移動して
京(みやこ)文化を引き連れたのだ。
e0102752_2017097.jpg

この緋色(黄色)の茶碗はデザインとしてすばらしいが
京都から金沢に嫁ぐデザインとして京都の本家では使わず禁じ手として
分家の金沢の茶碗屋『大樋焼き』だけが焼きものとして特徴をだしている。
つまりは、金沢に京都から嫁にきたデザインなのである。











清水・木の家住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
T設計室一級建築士事務所への問い合わせ
静岡(しぞーか)T設計室の仕事
T設計室一級建築士事務所の家づくり・業務の進め方
木造設計者の日記→静岡(しぞーか)木造り設計日記
木造住宅→静岡(しぞーか)木組みの家
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2006-12-28 21:01
<< 千秋万歳 しずおかMOKUネット年末のあつまり >>