壁ができてくると良くなる。

杉の壁材や塗り仕上げの下地材など、壁ができてくると部屋がはっきりと
認識できてきます。すると杉の梁や柱が生き生きとインテリアとして
参加しているのが、実感できてきます。
この家もゆっくりですが、確実にわかりはじめています。

e0102752_5272063.jpg

e0102752_5273531.jpg


静岡(しぞーか)T設計室の仕事 ←色々な土地の対策・詳しい解説があります。
T設計室一級建築士事務所への問い合わせ←土地へのアドバイス。相談などは無料です。

T設計室の建築相談セミナー←毎月やってます。日程をご覧ください。

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

T設計室の所作←家づくり先ず何をするのか。業務の進め方
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2007-04-12 05:31
<< 二年目の点検 外壁仕上げの下地ラス網 >>