外壁の肌合い

外壁の仕上げを決める時になってきた。
サンプルは三枚、粗い表面、中くらい粗い表面、かなり平らな表面と用意した。
写真でも見える最初の荒さは、建物の近くへいってもその外壁の
肌合いがわかる。建物は遠方からは屋根の形や外壁のシルエットが建物の
印象を決める。平らなものは、良さそうだが近くで表情がないと
ふわっとした、柔らかさがでない。印象とはそんな小さいな事が集まったものの
ようだ

職人さんのお勧めも、最初の粗い表面のもの。
理由はメンテが楽だからという。合理的なものだが
何度と造る建物を見ている目が、合理性と建物を良く見える印象の
二つを兼ね備えた選択だと思える。

e0102752_621212.jpg

e0102752_6211117.jpg

e0102752_6211844.jpg

e0102752_6213348.jpg


静岡(しぞーか)T設計室の仕事 ←色々な土地の対策・詳しい解説があります。
T設計室一級建築士事務所への問い合わせ←土地へのアドバイス。相談などは無料です。

T設計室の建築相談セミナー←毎月やってます。日程をご覧ください。

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

T設計室の所作←家づくり先ず何をするのか。業務の進め方
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2007-04-20 06:19
<< 左官下地工事 スピーカーからの町内のお知らせ >>