パテ屋 林のり子さんセミナー 『縄文時代のブナ帯食文化』

毎年恒例の建築評論家南雄三さんの神楽坂セミナーに今年も参加しました。
e0102752_10344473.jpg
今年は食文化評論家の林のり子さんの講演の為か、毎年と違い女性が多い講演でした。林さんは田園調布でパテ屋とその横には『えんがわ』という名前のレストランもあるそうだ。セミナーの話は縄文時代のブナ帯食文化の話(稲作などは栽培した弥生文化その前に山などの自然の恵みを採取して生活する縄文文化があったのだ)から始まり、山里のおばーちゃんが四季おりおりの山の恵みを、自然の色づきで判断して、自然との知識と知恵など豊富な経験で採取した食材を楽しんでいる。そんな暮らしを称して、日本には弥生時代の稲作文化と採取する縄文文化(ブナ帯食文化)が混在している国なのだそうだ。またブナ帯食文化はヨーロッパでも生きていて、ブルーベリーの
取ってきた食材とクリームのデザートなど数え始めたらきりがない。
また地域でも、ドングリと豚の話がおもしろい。
スペインなど生ハムを食された方は、素材の味に魅了されるのだが
これは、貧しい土地でどんぐりしか栽培できずそれを豚に食わせて、ハムとして食べている
ブナ帯の食文化なのだそうだ。
このセミナーは毎年温故知新など南さんが広いあげる切り口が新鮮で
時間を経つのもわすれ、林さんのパテをカナペで食べさせるサービスもありあっとゆう間に
時間が過ぎ10時10分の最終新幹線に飛び乗って帰ってきました。
e0102752_7411685.jpg
e0102752_7412959.jpg

静岡(しぞーか)T設計室の仕事 ←色々な土地の対策・詳しい解説があります。
T設計室一級建築士事務所への問い合わせ←土地へのアドバイス。相談などは無料です。

T設計室の建築相談セミナー←毎月やってます。日程をご覧ください。

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

T設計室の所作←家づくり先ず何をするのか。業務の進め方
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2007-06-01 10:53
<< 変更の建具 大工工事完了 >>