溶岩がでてきた

基礎の工事が始まる。
バックホー(スコップがついた機械)で掘削すると、でてきたのが
溶岩。ここは地表2m程度下は溶岩の地盤なのが分かっていたが
こんな大きな固まりがでてくるとは思わなかった。
溶岩は削岩機程度では、割れない。
つまり、溶岩をほったりする道路工事では
ダイナマイトなどを使って砕いているそうだ。
掘るときには大変でも
頑固な岩盤が下にあるのは耐震上はたのもしい事だ。

e0102752_16524657.jpg

e0102752_16525940.jpg

静岡(しぞーか)T設計室の仕事 ←色々な土地の対策・詳しい解説があります。
T設計室一級建築士事務所への問い合わせ←土地へのアドバイス。相談などは無料です。

T設計室の建築相談セミナー←毎月やってます。日程をご覧ください。

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

T設計室の所作←家づくり先ず何をするのか。業務の進め方
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2007-07-10 16:57
<< 下小屋での作業 漆喰でつくる床の間 >>