3か月点検

家は完成して引き渡た時は、すべてが新しく(当たり前だが)
新鮮のはずだ。
しかし、少し住んでみると又色々な事が分かってくる。
予定にない電気器具、家具の購入もあり、
事態は建てる前の時と少違うはずである。
その為、引き渡して3か月過ぎた当たりで
T設計室では3か月点検をしている。

塀やパーキング、樹木などの相談から
使ってみて、必要ならと保留にしてあった浄水器もこのあたりで
再確認となる。

無垢の家は夏の湿気で木が湿気を含み
引き戸の建具や家具などの引き出しだしは動きが悪くなるが
この湿気での変化は一夏と一冬時間をおいてから
本格的な調整をする事を完成の時に説明している。

木の動きが1年をかけ落ち着いてから調製しようとする分けだ。

新建材の家引き渡した瞬間がその家の最高の状態
無垢の家は10年たってからだんだん良くなる。
年を掛けて、時間の刻が味のコクになるように
家はよくなる。

e0102752_11502472.jpg

e0102752_11503988.jpg

雑誌『イエヒト』でT設計室の家づくりが紹介されてます。
静岡(しぞーか)T設計室の仕事 ←色々な土地の対策・詳しい解説があります。
T設計室一級建築士事務所への問い合わせ←土地へのアドバイス。相談などは無料です。

T設計室の建築相談セミナー←毎月やってます。日程をご覧ください。

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

T設計室の所作←家づくり先ず何をするのか。業務の進め方
[PR]
by sizuoka_kinoie | 2007-08-26 11:50
<< 骨太の木造上棟しました 来週には建前 >>