人気ブログランキング |

カテゴリ:高架線下の終の住処 ( 8 )

金物検査終了

新築の住宅は通常

法定の検査を監理の建築士以外に依頼しなければいけない

瑕疵担保保険でも同じ検査があり、二回同じ検査をするのは

たいへんなので、同じ外部の検査員が二つの機関の検査を一度にやる

合理的なような、不合理なような方法だが、現在はこれしかない。

金物検査終了_e0102752_1349175.jpg


TSEKKEIのホームページ

by sizuoka_kinoie | 2020-05-22 13:50 | 高架線下の終の住処 

基礎が完成した

ゴールデン連休の前に基礎が完成した。

天候にも恵まれ、順調な経過だった

基礎が完成した_e0102752_8453120.jpg
基礎が完成した_e0102752_8455034.jpg


来週には上棟・・後は天気だけ

TSEKKEIは第三土曜日に
見学とセミナーを行っています
詳しくはこちらから
by sizuoka_kinoie | 2020-05-05 08:47 | 高架線下の終の住処 

基礎はベタ基礎さらに地梁をいれるのがTSEKKEI

基礎はベタ基礎が主流だが
15センチの厚さじゃあね~というのは、大概の構造の設計者
鉄骨なら耐圧盤は20センチ以上あり大概30センチというところか

厚ければいいという問題ではない・・金もかかるので

TSEKKEIの場合、2間ピッチ(3.6m)間隔で地面の下に
地梁がある。地震にゆれても、梁の力で、強くできるからだ

地震は未曾の大きさで大きくなっていく

ここでよいという所もないが・・これ以上だと・・切りがない・・

一回つくれば、基礎などは手直しができないのだから

ここは、がんばる・・事が大事だと決めている

鉄筋は10ミリでも 13ミリでもそんほど、値段はかわらない
20センチピッチにつくることで、検査は20センチの四角が一目瞭然きれいにできていれば
鉄筋は良好だと判断できる
基礎はベタ基礎さらに地梁をいれるのがTSEKKEI_e0102752_9283684.jpg


TSEKKEIでは第三土曜日は見学会とセミナーの日です
中庭テレスはオープンな室外空間ですので
気密空間を気にされなくても、うち合わせができます
詳しくはこちらから
by sizuoka_kinoie | 2020-04-17 09:30 | 高架線下の終の住処 

杭工事終了

杭工事終了
今回は砂利を杭のように柱をつくるタイプの杭
道のアクセスやコストから決めたもの
最期に載荷試験をしてくれる

雨の打設だが、基礎の準備は終了
杭工事終了_e0102752_1437731.jpg

T設計室一級建築士事務所は第三土曜日は
セミナーと見学会です
詳しくはこちらから
by sizuoka_kinoie | 2020-04-02 14:37 | 高架線下の終の住処 

工事始まる。まずはくい打ち

4月に入り、工事が始まることになる

まずはくい打ちからはじめることになる
杭の位置は先週に基礎職人と一緒に位置をだしてある
その縄にそって杭を埋めればいいので
位置については問題がない

T設計室一級建築士事務所は第三土曜日に
見学会とセミナーを開催します
詳しくはこちらから
by sizuoka_kinoie | 2020-04-01 14:29 | 高架線下の終の住処 

地鎮祭

世間は新型コロナウイルス一色ですが、

着々と工事をはじめます。

今入居の方だと、中国の生産がないので
トイレはない、キッチンもない家が多いとか

困った話です。

晴天の日よりで、地鎮祭です。

オテントウさんが入る、小さな平屋です。

気持ちのよい家に仕上がると思います。

T設計室一級建築士事務所は
毎月 第三土曜日にセミナーと見学会をおこないます
詳しくはこちらから
by sizuoka_kinoie | 2020-03-17 09:30 | 高架線下の終の住処 

終の住処は色々な事から始まる

終の住処は色々な事から始まる_e0102752_20105319.jpg


高架線したの終の住処は
半年ぐらいの間、今ある土地を手放すかどうか悩み
耐震改修して人に貸すなど、考えて悩み
どれもできずに、人生60歳にして
建て主が最期の決断で、自分の生まれた町内に
住むことに決めた。

無くなったご亭主のお母様78歳と二人暮らしで
20年あまり、市営のアパートにいた
3DK 15坪 45㎡のアパートに住んでいて
今回は、57㎡の平屋・・・七転八倒して作った間取りではなく
明るくする為、南側をあける。そこにリビングをつくり
二つの個室をつくり、風呂トイレさらに玄関をつくるという
3LDkのアパートの間取りを研ぎ澄ますように
最小限の間取りになっている

終の住処は、持っている、使えない荷物を一度捨てる・・この努力なしには
間取りはすっきりせずに、今ある間取りを一回り大きくして、住み続けるのだろうが
敷地にも限界があり、南側に車庫をつくり庭をつくると
自動的に外壁の位置がきまった。南側に大きなへやをつくり
自分の都合で部屋に戻って寝るという、ルールを作ったことで
間取りは完結している。

ただ昔の人だから、嫁入りの道具があり
高い着物もはいった、四尺の和箪笥・洋ダンスが6竿これを
いったんは、ロフトをつくり、使わないが、捨てられないその
ストレスを飲むこむために、全部二階にあげて、階段はスペースの為
つけずに、天井にしこむハシゴで上がりおり、元気なうちは
いけますよと・・いったんは解決させて、一階の間取りをつくったが

建設費用は当初より500万円さげたいとのことで、
年をこしたあたりで、建設費用が希望どうり下がらない・・解決として
二階はバッサリ使わないタンスは処分と・・いうことになった

このいさぎよさがあると、人生50年のあとで新しい50年を
迎える終のすみかは、間取りは、敷地からの要望と希望の建設費用を
鑑みて、大きく1番ひろく、すっきり住むことになった

T設計室一級建築士事務所は毎月
第三土曜日に見学会とセミナーを開いています
「人生50年+50年 後半の家づくりのセミナーもあります」
詳しくはT設計室一級建築士事務所のホームページへ
by sizuoka_kinoie | 2020-01-24 20:11 | 高架線下の終の住処 

取り壊しをする為に準備がはいる

新築工事は4月からだが
取り壊しをすることになった。
敷地の隣近所にも挨拶をして
準備を整える

取り壊しをする為に準備がはいる_e0102752_20164749.jpg
by sizuoka_kinoie | 2020-01-22 20:14 | 高架線下の終の住処